ビジネス動画のジャンルはたったの4つ

動画には様々なジャンルがあります。

私が作ってきたジャンルだけでも

 

・セミナー動画

・セミナーダイジェスト

・プロモーションビデオ

・お客様の声

・商品紹介

・サービス紹介

・セミナーのオープニング/エンディング用動画

などなど

 

 

動画はジャンルによって企画/撮影/編集/配信の方法がそれぞれ変わってきますので

これらのジャンルをすべてカバーしようと思うと

かなりの労力と時間がかかってしまいます。

 

もしあなたが動画制作でお金を稼いで食べていこうと思っているのなら

これらすべてのジャンルをマスターする必要があります。

 

ただあなたはには熱い想いで取り組んでいる本業があって

そちらのビジネスを拡大させていくために動画を活用しようと

考えておられることでしょう。

 

ですのでこれらのジャンルをすべて網羅する必要はまったくありません。

 

あなたがマスターすべき動画のジャンルはたった4つです。

 

これから紹介する4つのジャンルさえマスターすれば

あなたのビジネスにおおいに動画を活用できるようになりますので

難しいことは考えずにまずはこの4つをおさえていきましょう!

 

 

①一人語り動画

一人語り動画はビジネス動画の中でも最も基本となるジャンルです。

その名の通り、カメラの前であなた一人が語ると言う形式です。

 

とてもシンプルな構成なのであなたの持っている雰囲気を

ダイレクトに伝えることができます。

 

動画のもっとも大きな役割は、あなたのことをよく知ってもらいお客さんの信頼を得ることだと私は考えていて

その役割を果たすもっともシンプルなジャンルが、この一人語り動画になります。

 

基本的にはこの一人語り動画を中心に

動画によるメディア戦略を組み立てていくことになります。

 

 

一人語り動画はとてもシンプルであるがゆえに

動画のクオリティがとても大事になってきます。

 

 

クオリティがよければあなたのブランディングになりますし

クオリティが良くなければ動画の効果をまったく得られません。

 

逆にあまりにもクオリティの低い動画はあなたの価値を下げることにもなってしまうので

一人語り動画を作る際はとにかくクオリティを意識してください。

 

 

高いクオリティを出していくためには様々な要素があります。

出演者の見た目(服装や髪型など)や雰囲気(話し方や振る舞いや仕草など)はもちろんのこと

画質や音質、背景やロケーション、さらには編集などに気を使うことによって

高いクオリティの動画を作っていきます。

 

高いクオリティの出し方については別の記事で解説していますので

そちらを参考にしながら動画を作ってみてください。

 

一人語り動画はとにかくシンプルに、そして高いクオリティで

 

と言うことを意識していきましょう!

 

 

②お客さんや推薦者との対談動画

ランディングページやサービス紹介ページで

「お客様の声」や「推薦者の声」と言う項目をみたことがあるかと思います。

 

これらはなぜLPやサービス紹介ページに載せる必要があるのでしょうか?

 

答えはとても簡単で、信頼感をお客さんに与えるためです。

もっとくだけた言い方をすると、「ちゃんとやってる感」を出すためです。

 

ネット集客をやっていこうとした時に、もっとも大きな壁になるのが

お客さんの信頼感をどうやって獲得していくかと言うことです。

 

直接会うわけではなく、ネット媒体を使ってお客さんの信頼を勝ち得ていくと言うのは

なかなか難しいことです。

 

 

この人は本当に誠実に活動しているのだろうか?

この人のサービスは本当に結果に繋がるのだろうか?

この人は本当にお客さんから信頼されているのだろうか?

 

ネット上で見ただけだと、どうしてもそのような疑問がお客さんの中に湧いてきます。

そこで活躍するのが「お客様の声」や「推薦者の声」と言うわけです。

 

これがあるだけで「信頼感」や「ちゃんとやってる感」がかなり出ます。

LPやサービス紹介ページでは必須の項目といってもいいでしょう。

 

 

 

もちろん文章と写真だけでも「お客様の声」や「推薦者の声」は効果を発揮するのですが

これを動画にすることでさらにその効果は倍増します。

 

 

言ってしまえば文章と写真による推薦文なんてものは

自分で作ろうと思えば作れてしまいます笑

 

もちろんそんなことをしている人はいないと信じたいのですが

世の中には悪い人もいますので…

 

そこでお客さんや推薦者との対談を動画にしてお届けすれば

さらに「ちゃんとやってる感」が出ると言うわけです。

 

お客さんや推薦者だけが出演するのも悪くないのですが

そうなるとどうしても言わされてる感じになってしまいます。

 

テレビショッピングの使用者の声とかって、ものすごい「言わされてる感」ありますよね笑

 

ですので「お客様の声」や「推薦者の声」を届けるのは

対談という形がベストです。

 

 

もしすでにあなたにクライアントがいるのならば

 

・自分に会うまではどんなことに悩んでいたか?

・自分のサービスでそれがどのように解決したか?

・どんな人に自分のサービスをお勧めしたいか?

 

といったことに触れながら対談動画を作ってみてください。

 

あなたの信頼度をぐっとあげる武器になりますので!

 

対談動画は4つのジャンルの中でも最もお客さんの反応を得られるジャンルですので

是非とも活用していきましょう!

 

 

③スライド動画

スライド動画の魅力は図や文字を使って

あなたの持つ知識や方法をわかりやすくお客さんに伝えることができる点です。

 

 

言葉だけではどうしても伝えづらい内容を発信したい場合は

このスライド動画という形式をとるといいでしょう。

 

例えば数字のデータを見せながら解説したい場合や

グラフを使って論理的に話を進めていきたい場合などに

スライド動画は効果を発揮します。

 

あなたがセミナなーを開催する時

スライドを使いながらセミナーを進めていくと思います。

 

言わばスライド動画はオンラインでセミナーを開催するようなものです。

 

スライド動画の作り方はとても簡単で

スライドを作成後PCの画面収録機能を使って制作していきます。

 

※詳しい制作法は別記事で解説します。

 

Macを使用されている方はデフォルトでQuickTime Playerという画面収録できるアプリが内蔵されていますので

それを使って作っていきます。

 

Windowsの方も画面収録のアプリをダウンロードすることで制作が可能です。

 

スライド動画はあなた自身は声のみの出演になるので

顔出しをしていない方にもオススメのスタイルです。

 

 

④操作解説動画

操作解説動画は画面収録機能を使ってPCの画面を見せながら操作方法について解説するものです。

 

 

私のように動画の編集というPCの技術を教える際にはとても有効なスタイルです。

 

例えばワードプレスの使い方やFacebookの設定を教えたい場合など

実際の画面を相手に見せながら解説ができるので

文章だと何千文字とかかかってしまうところをとてもシンプルに

わかりやすく伝えることができます。

 

こちらもスライド動画と同様に画面収録機能を使って制作していきます。

 

コンサルやコーチの方でもPCの技術や操作方法を教える機会は多々あると思いますので

是非ともマスターしておきたいスタイルです。

 

またスマホをPCにつなぐことで、スマホの画面収録もできるので

スマホのでの操作説明をすることも可能です。

 

 

まとめ

以上4つのジャンルが、あなたがマスターすべき動画になります。

もちろん時間をかけて勉強すればこれ以外にも様々なジャンルの動画を制作できるようになりますが

この4つさえマスターしておけば十分に動画をビジネスに活用できるようになりますので

まずはこの4つのジャンルを勉強していきましょう。

 

どれもシンプルな構成ですので難しく考えずに

楽しみながら作っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です