動画の編集ができれば〇〇の編集もできる

みなさん動画の編集

頑張ってますか!?

 

最初は多少

戸惑うかもしれませんが

コツさえつかめば簡単で面白いので

 

ぜひ動画編集スキル

身につけちゃってください!

 

 

そしてそんな頑張っているあなたに朗報です。

 

動画制作のスキルを身につけると

なんとついでに「あるもの」を

編集するスキルも

付いてくるんです!

 

動画編集のおまけについてくるものとは…

実は動画編集ができるようになると

音声の編集もできるようになります。

 

私の嫁はすでに会社を立ち上げているバリバリの起業家なのですが

セミナーを開催するときには音声を収録しておいて

セミナーに来れなかったお客さんにお届けしています。

 

そんなとき

音声の編集は私がやっています。

 

音声の編集ってなにすんの?

と思った方もいるかもしれません。

 

簡単に言うと

・音量と音質の調節

・不要部分のカット

・オープニングミュージックの挿入

の3点です。

 

特に重要なのが

不要部分のカットですね。

 

セミナーではワークの時間や休憩時間など

結構黙っている時間があります。

 

その度に録音をストップしてもいいのですが

ま〜めんどくさいですよね笑

 

たいていの場合

再び録音ボタンを押すのを忘れて

収録できずじまいで終わるのがオチです。

 

録音とストップを繰り返すと

音声ファイルがいくつかに分かれてしまうので

結局後で繋ぐ必要も出てきてしまいます。

 

 

音声編集のやり方は

動画編集のスキルの中に

入っています。

 

音声編集<動画編集みたいなイメージです。

 

動画編集とまったく同じやり方で

音声編集はできてしまいます。

 

 

タイムライン上の映像部分の下に見える

波形の部分が音声です。

 

音声ファイルの場合は映像部分がなく

波形部分のみが表示されます。

 

不要部分のカットの方法は

映像をカットする方法とまったく一緒です。

 

つまり動画編集ができれば

音声編集はお茶の子さいさいと言うことです笑

 

音声は利用価値大

実は音声の利用価値は

想像以上に大きいです。

 

セミナー音声を収録しておけば

それだけで十分立派なコンテンツになりますし

 

私や嫁のように

顔出しをしていない起業家にとっては

動画の代わりに情報発信をするツールになります。

 

あと、動画の魅力といえば

「ながら聞き」ができることですね。

 

料理しながら・電車に乗りながら・寝ながら

聞けるので

 

お客さんにとっては

とても扱いやすい媒体と言えます。

 

音声はお客さんにとても喜ばれるので

メルマガに添付してもいいですね。

 

ぜひ動画編集のスキルを身につけて

音声もうまく活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です