動画を使えば「テレビの人」になれる

あなたは芸能人に会ったことがありますか?

普段はテレビ画面を通して見ている芸能人を実際に目の前にすると、「おお!!」とちょっとした感動を覚えますよね笑

人はなぜか画面を通して見る人を「スゴイ人」であると認識しようとします。

私はこれを勝手に「テレビ効果」と呼んでいるのですが、もちろんテレビである必要はありません。

YouTube等の動画でも「テレビ効果」を生み出すことは可能です。

 

動画はあなたを勝手にブランディングする

テレビ効果をうまく利用することで、ビジネスを進めやすくなります。

私がよく一緒に仕事をさせていただいている方で、このテレビ効果をとても上手に活用されている方がいます。

この方はインターネット集客のプロで月収1,000万を軽く超えている方なのですが、YouTubeにかなりの数の動画をアップして情報発信をしたり、成果を出したクライアントさんとの対談動画を制作したり、主宰するコミュニティのメンバー限定のセミナーを開催する際はそのダイジェスト動画を制作したりして、動画による発信を積極的に行っています。

彼は初めてのお客さんから「本当にいるんですね」「初めて会った気がしません」という言葉をよくかけられるそうです。

すでにお客さんが動画を見てくれているので、彼自身のパーソナリティやコミュニティの雰囲気をお客さんが理解した上で話を進めることができます。

お客さんからの信頼を得たうえで、さらにブランディングされた状態でビジネスの話を進めることができる。

これほどやりやすい状況は他にありません。

 

個人ほど動画を使うべき

個人でビジネスをやっていくには、まずあなたのファンを増やしていく必要があります。

企業でしたら会社の規模がそのままお客さんの信頼へと繋がっていくので、社員の人柄やパーソナリティが売りになることはありません。

ですが個人ビジネスの場合はあなたの人柄やパーソナリティこそが、お客さんの信頼へと繋がっていきます。

そして人柄やパーソナリティを最も伝えやすい手段が、動画です。

話し方や仕草、雰囲気や声、立ち振る舞いなどを見て、お客さんはあなたのファンになっていきます。

これらは文章や写真ではなかなか伝えきることのできない部分です。

あなたのブログを見て「この人気になる」と思っている方は必ずいます。

あなたが動画による発信を始めれば、必ずその方は動画を見てくれるでしょう。

そしてあなたの人柄を知って、さらにあなたの濃いファンになっていきます。

動画を使えばあなたは「テレビの人」になることができます。

ぜひテレビの人になって、ビジネスをガンガン進めていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です