動画制作ならこれ!最強のカメラ

本格的に動画を撮るなら優秀なカメラが必要になります。

もちろん最初はスマホでいいのですが、おそらくスマホで撮っているうちにこだわりが出てきて「カメラが欲しい!」となると思います笑

私もスマホから初めてビデオカメラ・一眼カメラ・業務用カメラなど様々なカメラを試してきました。

その中でも私が最強だと思うカメラを紹介します!

 

最強カメラ!その名はGH4

私の中での動画制作最強カメラはPanasonic社の名機LUMIX GH4です!

GH4はミラーレス一眼に分類されるカメラで、動画撮影において必要とされるすべての機能を備えています。

今回はその機能を簡単に紹介します。

 

画質がすごい!

GH4は4Kに対応していて、とにかく画質が綺麗です。

ビジネス動画では4Kを使う必要はないのですが、4Kに対応していると言うことはフルHDを余裕で撮影できると言うことです。

画質はビジネス動画において必要最低条件で、画質は良くて当たり前、画質が悪いのは論外です。

画質が悪いとお客さんに対する印象も良くないですし、あなたのブランディングにとっても良くありません。

画質にはこだわっていきましょう。

参考までにGH4で撮影した動画を載せておきますね。

 

一眼カメラの弱点 撮影時間の制限なし

一眼カメラは画質がとても綺麗で背景をぼかしておしゃれに仕上げることもできるので、動画制作には重宝するカメラです。

ですが一つ弱点があります。

実は一眼カメラは29分59秒までしか連続で撮影できません。

バッテリーは持つのですが、29分59秒で撮影が強制終了されてしまいます。

30分以上撮影ができるものはビデオカメラに分類されるため、関税が高くなるためこのような仕様になっているそうです。

これが唯一の一眼カメラの弱点なのですが、GH4はその弱点を克服しています!

なんと撮影時間に制限がありません。

電源に繋いでおけば何時間でも撮影し続けることができます。

これができる一眼カメラは私の知る限りGH4だけです。

 

可動式の画面が便利

動画撮影を自撮りで行う場合、スマホだったらインカメラに切り替えて行いますよね。

ですが一眼カメラにはインカメラは搭載されていません。

なので自撮りは少々難しいのですがGH4なら問題ありません。

なんと画面がめちゃくちゃ回るので自撮りもお手の物です。

この機能、実は普段人を撮る時も便利で、画面を軽く上向きにしておけばいちいちかがんで画面を覗き込む必要がないんです。

一度可動式画面のカメラを使ってしまうと、非可動式のカメラは使いにくくて使えなくなります笑

 

標準レンズのズームがすごい

私が初めて買った一眼カメラはそこそこ機能はよかったのですが、標準で付いていたレンズのズームが弱すぎて使い物になりませんでした。

その点GH4に付属している標準レンズは十分なズーム機能を備えていますので、顔のアップも問題なく撮ることができます。

 

レンズフードがかっこいい

これは私の場合ですが、動画制作者は機材でお客さんに判断されがちです。

実際、今は小さな機材でも十分のスペックを積んでいるのですが、やはり見た目のかっこいい機材や大きめの機材を持っていると、お客さんは興奮してくれます笑

GH4には付属のレンズフードがついていて、これをつけると一気にプロっぽいカメラに見えます。

室内ではあまり必要ないのですが、お客さんを安心させるためにもレンズフードをつけて撮影に臨むこともあります笑

 

まとめ

と言うことで、GH4のは最強のカメラだと言うことがわかっていただけたと思います。

中古ですと10万円前後で購入できますので、本格的に動画を始めたい方は購入を検討してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です