起業は怪しいやら洗脳やら言われがちだが会社至上主義の方がよっぽど洗脳だと思う

起業してからと言うもの、僕たち夫婦の起床時間は大体10時ごろです。

早起きを習慣にしようと何度かトライしてみましたがどうしてもできず、結局10時ごろに落ち着きました。

 

 

もちろん僕たちだって会社員時代は当然のように5時とか6時に起きて、眠い目をこすりながらも遅刻することなく会社に行っていました。

それなのに早起きする必要がなくなった途端に、早起きすることができなくなってしまったのです!

 

一体何故なのか!?

 

まあ僕たちが怠け者っていうのもあるかもしれないですが、おそらく絶対的な自由を与えられた人間って大抵こんな感じになってしまうのではないでしょうか。

 

決められた時間に決められた場所に行く必要もない、遅刻して怒られることもない、ましてや遅刻なんていう概念すらない。

そんな生活を数ヶ月送っていたら、人間誰しも僕たちのような生活になって行くような気がします。

 

 

と考えたときに、会社のシステムってマジですごいな〜と思うんですよね!

僕たちのような怠け者を遅刻させることなく出勤させて、誰もサボることなく当然のように一日働かせて、給料や勤務体系に対する不満を一切言わせず、会社の利益のために海外に人を転勤させたかったら紙切れ一枚で人を動かせてしまうっていうあのシステム!

マジでやばくないですか!?

 

会社に対して誰も文句言わないですよね。

文句があったとしても会社に直接は言わないですよね。

 

本来怠け者であるはずの人間を会社に利益をもたらすコマに育ててしまうこのシステム。

マジですごいと思います笑

 

よく起業なんて怪しいだの、急に起業とか言いだしてあの人洗脳されてるんじゃないかだの色々と耳にしますが、起業した今になって考えてみると会社で働くことが当たり前と思わせている日本の教育の方がよっぽど洗脳のような気がしてきました笑

これは完全に僕の推測ですが、かつての日本が会社という国益を伸ばすための素晴らしいシステムを広めて行くために、会社は素晴らしい・会社に入れば一生安泰・会社で働くことが当たり前っていうことを子供の頃から教育として植え付けようとしたのではないかなと。

軍隊的な絶対服従の考えを会社に持ち込むことで、国がウハウハになっているのではないかなと。

もちろん国がウハウハになったおかげで日本という超安全な国が形成されたのでそこは感謝ですが、僕たちのご先祖様はおそらく僕たちが幸せに暮らすために必死になって日本を育ててきてくださったはずです。

そんな僕たちが一生会社に縛られながら生きていると知ったら、ご先祖様はさぞ悲しむことでしょう(・_・;

もちろん会社で働くのが生きがいだったらそれでOKですけどね。

 

 

僕たち夫婦の住むマンションの部屋からはある超大手の会社のビルががっつり見えるのですが、平日も休日も関係なく電気が夜中までついています。

この前は大晦日の深夜まで電気がついていたので、さすがにゾッとしました笑

 

今まで受けてきた教育とか、大学出たら会社に入るのが既定路線っていう常識とか、そういったものを完全に取っ払って客観的にこのビルの灯りを見たときに、僕はこれこそ洗脳だなと思いましたよ笑

会社のために大晦日まで人を働かせてしまうこのシステムこそ、超一般的に日常で見られる洗脳の代表例だと思いましたよ笑

 

まあ大抵の人が洗脳だと言われても「そんなバカな」と聞く耳を持たないでしょうけどね。

洗脳ってそういうことですもんね笑

僕も危うく洗脳されたまま一生を終えるところだったので、なんとかこっちの世界に戻ってこれてよかったです。

大手ビルの灯りを見ながら、僕は夜中までニンテンドースイッチをやってやりますよ!