コンセプトとターゲットの確認

動画を制作する前に自分のビジネスのコンセプト

そしてターゲットを確認しておくことはとても重要です。

 

ここがしっかりと定まらずブレてしまっていると

どれだけ質の良い動画を大量に作ったところで

売り上げやビジネスの拡大にはつながりません。

 

既にビジネスをされている方であれば

コンセプトやターゲットは明確に決まっていると思いますが

この機会にもう一度確認しておくことをお勧めします。

 

 

動画では出演者の人柄や信念がダイレクトに伝わります。

 

もちろんそれは非常に大きなメリットなのですが

もしあなたのコンセプトやターゲットがブレていると

そのブレもダイレクトに伝わってしまいます。

 

「この人は口先だけだ」

「私が聞きたいのはそういう話じゃないのに…」

 

コンセプトやターゲットを明確にしておかないと

そういった印象をお客さんに与えかねません。

 

ですので動画を制作する前に

コンセプトとターゲットを明確にしておく必要があるのです。

 

それではコンセプトとターゲットについて

順番に確認していきましょう。

 

コンセプトとは世界観のこと

コンセプトの定義は人によって様々かもしれませんが

こと動画制作に関していうとコンセプトは世界観のことです。

 

あなたは一体どのような世界観でビジネスに取り組んでいますか?

 

例えばコンサルタントを例に取っても

様々な世界観が存在します。

 

・好きなことを仕事にできるようにクライアントを導いていくコンサルタント

・とにかく一度転売ビジネスで成果を出させてから、その実績をもとにクライアントのビジネスを構築するコンサルタント

・心理的な面からアプローチして、セールス力をつけさせてから商品設計を始めるコンサルタント

 

 

ひとくちにコンサルタントといっても

この3人は全く異なる世界観をもとに

ビジネスを展開しています。

 

 

ビジネス面でもそうですが精神面にも

世界観というのは大きく現れます。

 

・お金が入ってくる仕組みを作ってセミリタイアし、自由気ままに穏やかに暮らす

・とにかく稼ぎまくってタワーマンションに住み高級車を乗り回し女性にモテまくる

 

どちらの世界観が良いとか悪いとかではありません。

 

結局はあなたの世界観に共感した人がお客さんとして集まってきますので

あなたがどのように生きていきたいかという世界観さえ明確であれば

それがどのようなものでも構いません。

 

 

ただその世界観がブレないようにだけは気をつける必要があります。

 

「好きなことで稼ごう」と謳っていたコンサルタントが

急に「稼ぎたいなら転売しかない」なんて言い出したら

その人が今まで積み上げてきた世界観は崩壊し

ついてきてくれていたクライアントも離れていってしまうでしょう。

 

「人生稼いでなんぼ!タワマン住んで豪遊だぜ!」

Facebookに派手な写真付きでこんな投稿をしていたのに

「やっぱり田舎は落ち着く。移住しようかな〜」

なんて言い出したらお客さんは

「今までの発信はなんだったの!?」と感じてしまいます。

 

普段の発信から世界観に一貫性を持たせることは

とても重要なことです。

 

特に動画では人柄やパーソナリティが文章よりも明確に伝わるので

世界観を統一させることは必須になってきます。

 

あなたのビジネス、そしてあなた自身の世界観(コンセプト)に一貫性はありますか?

 

まずはここを確認してください。

 

 

ターゲットは細かく明確に決めておく

次にあなたのビジネスのターゲットを確認しましょう。

その際に気をつけておくべきなのが

ターゲットは細かく明確に決めておくということです。

 

よく「30歳前後の男性」というターゲット設定を目にしますが

あなたが29歳の時の悩みと30歳の時の悩みって絶対違うはずです。

 

私たちが提供するのは悩み解決の手段ですから

悩みの違う層をターゲットにしてはいけないはずです。

 

他にも年収が100万違えば悩みも変わるでしょうし

男女でも大きく悩みが変わってきます。

 

ですのでターゲット設定は明確に細かく設定しておく必要があるのです。

 

 

ターゲットを細かく設定したからといった、その設定から外れたお客さんは誰も来てくれなくなる

なんてことはありませんのでご安心ください。

 

ターゲットを細かく設定しておくことで、これまたあなたの発信に一貫性が出て

そこに共感したお客さんが集まってくるようになります。

 

その一貫性を出すために、ターゲットは明確にしておくべきなんです。

 

これから動画の制作に取り掛かる際も、ターゲットの悩み解決になるテーマを考えていくことになりますので

ターゲット設定はしっかりとおさえておいてください。

 

 

結局のところ動画はコンセプトに従ってターゲットの悩みを解決するためのもの

ここまでコンセプトとターゲットについて確認してきました。

あなたのコンセプトとターゲットは明確になったでしょうか?

 

私が動画の仕事をしていて思うのは、ビジネス動画はつまるところコンセプトに従ってターゲットの悩みを解決するもの

だということです。

 

ユーチューバーやテレビ番組のスタッフは面白さを追求して動画制作をしますが

私たちはお客さんの悩みを自らのコンセプトに従って解決する動画制作をする必要があります。

 

ここをまずしっかりと意識しておかないと

いくら動画を作り続けても誰にも響かないものになってしまいます。

 

ですので動画制作にとりかかる前に、必ずコンセプトとターゲットは確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です