超シンプルで簡単な動画のテーマ決め方

動画のテーマ作りは超シンプル!

「動画を作りたいのだけれど、何を話せばいいのかわからない」

そんな悩みをよく聞きます。

 

確かに初めて動画を作る人がいざカメラの前に立ってみると

何を話していいのかわからなくなってしまうかもしれません。

 

ですが実は動画のテーマは超シンプルな作業で作ることができます。

 

それがお客さんの悩みを書き出すという作業です。

 

前回の記事でもお話ししましたが、我々の仕事はお客さんの悩みを解決することです。

ターゲットとなるお客さんの悩みを全て解決してあげることができるのならば

そのお客さんは迷わずあなたのサービスに申し込むはずです。

 

つまり私たちが動画のテーマとして選ぶべきなのは

 

お客さんが悩んでいることに対する解決法

 

これに尽きます。

 

これは動画に限らずあらゆる媒体で情報発信をするときに

有効な考え方になります。

 

 

ターゲットとなるお客さんは一体どのようなことに悩んでいるのか

 

ここに一点集中して、できるだけ多くの悩みを書き出していきましょう!

 

書き出した悩みがすべて動画のテーマになる

それでは早速メモ帳とペンを用意してください。

10分で構いませんので一旦すべてのことをストップして

お客さんお悩みを書き出す作業に集中してください。

 

難しく考える必要はまったくありません!

 

とにかくシンプルに、ひたすらシンプルに思考を持っていって

あなたがターゲットとするお客さんが抱えていると考えられる悩みを

あまり考えずに流れ作業のようにリズム良く書き出していってください。

 

 

例えば私の場合のメインターゲットを簡単に言うと

集客やプロモーションのために動画を使いたいが動画の制作の方法がわからない31歳の男性コンサルタント

ですので、彼がどんな悩みを抱えているかをシンプルに考えて書き出してみます。

 

 

集客ができない

売り上げが上がらない

動画の企画法がわからない

動画の編集がわからない

SNS発信の反応が少ない

動画の活用法がわからない

どの編集ソフトを使えばいいのかわからない

スマホで綺麗に撮影できない

YouTubeの設定がわからない

撮影にどんな機材を使えばいいのかわからない

 

 

1分で10個の悩みを書き出すことができました。

10分で100個書き出せれば上出来です。

 

100個書き出せば動画のテーマが100個できたことになります。

 

あとはこの悩みをあなたの持っている知識や能力で解決する方法を考えて

それをカメラの前で話すだけ。

 

これを繰り返していくだけです。

 

先ほどの私のメインターゲットの悩みを例にとると

・集客ができない→動画によるメディア作りでお客さんの信頼を獲得し集客につなげる方法を教える

・動画の編集がわからない→実際の編集画面を収録して教えてあげる

・どんな機材を使えばいいのか分からない→自分の使っている機材を紹介してあげる

 

といった具合です。

 

あなたが解決した悩みの数だけ、お客さんからの信頼感が上がっていきます。

その信頼度がゆくゆくは売り上げへと繋がっていくわけです。

 

難しく考える必要はない!とにかくシンプルに

動画となると何を話そうかと難しく考えてしまいがちなんですが

難しく考える必要はまったくありません。

 

ブログやFacebookで気軽に投稿するように

動画も気軽に撮影して気軽に投稿していけばいいんです。

 

もしあなたが過去にブログやFacebookでお客さんの悩みを解決するような投稿をしていたら

それをそのまま動画にすると言う方法でも構いません。

 

動画にすると感情や雰囲気が乗っかるので

ブログやFacebookでは伝わりきらなかったことが

動画にすることで伝わると言うのは良くあることです。

 

お客さんの悩みを書き出して、その解決法を考える。

 

この方法で動画のテーマはいくらでも作り出すことができます。

ぜひこの方法で、お客さんの悩みを一つでも多く解決してあげてください!

 

その積み重ねが、あなたの未来を作っていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です