仕事がしたくてたまらないという感覚を知っていますか?

こんにちは、相沢です。

今日も自由になるための考え方について話していきます。

 

 

あなたは、仕事がしたくてうずうずしたことってありますか?

 

実は私は最近仕事がしたくてしたくてたまりません。

 

外に遊びに行くくらいなら仕事をしていたいですし

友人と飲みに行くくらいなら仕事をしていたいですし

テレビを見るくらいなら仕事をしていたいです。

 

 

やればやるだけお金という結果として返ってきますし

自分がやりたい企画やプロジェクトを自分の思う通りに組み立てていけるので

なんだかゲームみたいでめちゃくちゃ面白いんですよね。

 

 

しかも仕事相手は自分が選んだ好きな人しかいませんから

相手に対してストレスを感じることもまったくありません。

 

むしろ彼らから色々と情報やノウハウを吸収できるので

ストレスどころかアドレナリン出まくりで楽しいばかりです。

 

 

 

この感覚って、とても大事だと思うんですよね。

 

仕事って常に自分の生活の一部として存在しています。

 

会社員の場合は1日の大半は仕事で終わってしまいます。

 

 

私は会社の仕事が大嫌いだったので

1日の大半を大嫌いなことに費やしていました。

 

ですがもし会社の仕事がめちゃくちゃ楽しかったら

自由な生活に憧れることもなく

今でも普通に会社員をやっていたと思います。

 

 

そして幸せに暮らしていたと思います。

 

今ほど自由ではなくても、仕事が楽しければ会社員であることに

疑問を持つことはなかったんじゃないかと思います。

 

 

 

あなたも一度考えてみてください。

今の仕事が楽しいかどうか。

 

 

もし今の会社の仕事が楽しいのであれば

あなたは私のブログを読む必要はないかもしれません。

 

こんな世界もあるのか〜と面白半分で見ていただくのもありがたいのですが

残念ながら私はそんな方のためにこのブログを書いているわけではありません。

 

 

 

私はサラリーマンを辞めたくて、どうしようもなく苦しい状況に立たされている方に

このブログを読んで欲しいと思っています。

 

以前の私のように、人生に何の価値も見出せず

たまの休日にも仕事のことが頭をよぎり憂鬱になり

趣味すら心から楽しめないような

そんな方のために私は情報発信をしています。

 

 

 

私はサラリーマンの頃

仕事が楽しいなんて思ったことは

ただの一度もありませんでした。

 

常にプレッシャーを感じていて

電話が鳴るたびにクレームじゃないかとビクビクして

溜まったメールを見るだけで吐きそうな感覚に襲われました。

 

 

毎朝が憂鬱で、朝食は食べられませんでした。

 

終業時刻まであと何時間。

土曜日まであと何日。

 

そんなことばかり考えていました。

 

 

 

私は本当にただの一度も

仕事を楽しいと思ったことなどなかったのです。

 

 

 

そんな私が、今は仕事が楽しくてたまらないのです。

仕事がしたくてたまらないのです。

 

 

あなたはこの感覚を味わったことがありますか?

 

おそらくないと思います。

私はまったくありませんでした。

 

 

今はそれほど仕事に時間を費やす必要も、実際はないんです。

ある程度自動で回せる仕組みになっているので

放っておいても売り上げはあがっていきます。

 

それでも仕事がしたいんです。

この感覚を私は追い求めていたんだと思います。

 

 

 

サラリーマン時代は仕事をしなければいけないのに

全然やる気になれませんでした。

 

今は仕事をしなくてもいいのに

仕事をしないのが嫌なんです。

 

 

 

この違いって、人生においてものすごく大きなことです。

 

仕事をしたくてたまらない感覚を知らないまま一生を終えるなんて

この感覚を知ってしまった私にとっては恐怖でしかありません。

 

やりたくもないことをやって、満足のいかない給料しかもらえないなんて

本当にバカらしいと思います。

 

 

 

私たちは誰もが自由になりたいと望んでいるはずです。

 

ですが、社会人になったら我慢していきていくのが当たり前と言わんばかりに

みんな諦めたような顔をして生きています。

 

 

「やりたくないことをやるのが社会人だ」

 

誰かがそんなことを言っていましたが

そんな世の中ならいっそなくなってしまえばいいとさえ思います。

 

 

 

「子供の頃は自由で楽しかった。子供の頃に戻りたい」

 

そんな言葉を耳にすることがありますが

私は今、子供の頃よりもよっぽど自由です。

 

 

やりたくもない勉強はしなくていいし

子供のように金銭的な制限もありません。

 

子供の頃に戻りたいなんてこれっぽっちも思いません。

今が最高に自由で最高に楽しいです。

 

 

 

誰しもが自由を手に入れていいと思いますし

誰しもが自由を手に入れることはできます。

 

なんども言いますが、自由になるために必要なのは

才能ではなく知識です。

 

 

どうすれば自由になれるのか。

どうすればお金を稼ぐことができるのか。

 

それを知っているか知らないか

たったそれだけの差です。

 

 

人生を諦めるなんて早すぎるし、もったいなさすぎます。

やりたくないことをするのが社会人だなんて、くそくらえです。

 

 

やりたいことを思いっきりやるのが人生です。

心の底から人生を楽しむのが社会人です。

 

 

世の中の当たり前なんて、私にとっては何の関係もありません。

あなたにとっても何の関係もないはずです。

 

 

周りがどう生きようが、人生を諦めようが

自分の人生は自分が決めればいいんです。

 

 

そうじゃないと、生まれてきた意味がないと思います。

 

 

 

私は好きな時間に好きな人と好きなことだけをする人生を送ると決めたので

その人生を手に入れるために突き進んできました。

 

親も友人も会社も世間も関係ありません。

 

自分が生きたい道をただただ選んできただけです。

 

 

 

少なくともあなたはこのブログを読んでいる時点で

人生を諦めきったヨレヨレのおっさん達より

ずっと自由に近い場所に来ています。

 

あなたが自分の人生に本気で向き合ったからこそ

ここまでこれたんだと思います。

その時点であなたの未来は確実に明るいです。

 

 

自分の人生を諦めたら、そこで人生終わりです。

そんな人たちなんて放っておけばいい。

 

 

人は自由になるのが当たり前だと私は思います。

 

もしあなたもそう思うのであれば

その当たり前に向かって突き進めばいいんです。

 

 

きっとその方が楽しい人生を送れるはずです。